Taka's Life

Mac、iPhoneを中心としたTAKAの雑記帳

今日の人気記事

iPhoneの壊れたイヤホンを配送修理で無料交換してもらう方法

   

AppleCare 01 20160129 223931

TAKA(@TakasLife)です。

iPhone付属のイヤホンが壊れて音は聞こえて再生・停止ボタンは効くが、音量ボタンが全く効かなくなってしましました。新しく買い換えようかと思っていたところ、AppleCareに入っていれば付属品も無料で修理(交換)出来る可能性があるという情報を入手したので、早速試してみました。

iPhoneのケーブルを無償交換する方法(代引き手続き) / もっと知りたいリンゴあれこれ

スポンサーリンク

無償交換する方法

まずはAppleのサポートページへ行きましょう。

Apple – サポート – 製品の選択

AppleCare 01 20160129 214823

iPhoneを選択します。

AppleCare 02 20160129 214845

配送修理を選択します。

AppleCare 03 20160129 214935

修理と物理的な損傷を選択します。

AppleCare 04 20160129 214954

イヤフォンの交換を希望なので、ここを選びます。

AppleCare 05 20160129 220025

「いいえ。続ける。」を選択することでメールアドレスの入力をスキップできます。

AppleCare 06 20160129 215057

もう一度、配送修理を選択します。

AppleCare 07 20160129 215141

iPhoneのシリアル番号を入力します。シリアル番号はiPhoneの「設定」>「一般」>「情報」のところから確認できます。

AppleCare 08 20160129 215203

イヤフォンを選択します。

AppleCare 09 20160129 215253

利用規約をよく読んで、チェックマークを入れた後「続ける」を選択します。

その後、支払方法の選択で「クレジットカード」と「代金引換払い」のどちらかを選びます。無料交換なのに支払い方法?と思いましたが保証金のようなものですかね。仮に保証範囲外の場合は、有償となりますのでその場合に支払となるようです。

私は「代金引換払い」にしました。

2日後には届きました

AppleCare 01 20160129 223931

手続きから2日後には交換品のイヤホンが届きました。

イヤホンが届いたら、その場で中身を取り出し壊れたイヤホンをヤマト運輸のお兄さんに渡すだけです。イヤホンケースとかは捨ててしまっていたのでイヤホンだけ渡しましたが、問題ありませんでした。

AppleCareは本体だけの保証だと思っていたのですが、付属品も対象になるのは知りませんでした。有償になる場合もあるようですが、AppleCareに入っている方は付属品も壊れたら手続きししてみると無料交換してもらえるかもしれませんよ。

更に2日後には、Appleから「壊れたイヤホンは確かに受け取りました」的なメールが届きました。

その後、料金を払って的な連絡は来ていないので大丈夫なはず!

さいごに

Apple Storeが近くにある時はGenius Barに持ち込んだほうが早いと思いますが、私のように地方に住んでいてApple Storeが無い時は、このような手続きで無償交換してもらうことが出来ます。

AppleCareに入っているとはいえ、付属品まで無償で交換してもらえるなんてAppleはほんとすごいですね。

 - iPhone

スポンサーリンク

  関連記事