Taka's Life

Mac、iPhoneを中心としたTAKAの雑記帳

今日の人気記事

まだデータがありません。

ドライボックスでカメラやレンズをカビから守ろう

   

TAKA(@TakasLife)です。

SONYのミラーレスカメラを購入してから、保管は机の上に出しっぱなしで置いていました。そうなってくると心配なのが「カビ」です。夏になり湿度が高い日が続くとカメラのレンズなどは湿気でカビが生えるそうです。

それを防ぐために今回ドライボックを購入しました。簡単に言うと乾燥剤で湿気を防ぐ箱です。

スポンサーリンク

HAKUBA ドライボックスNEO 5.5L

ドライボックス 02 20170730 124709

今回購入したのは「HAKUBA ドライボックスNEO 5.5L」です。乾燥剤やメンテナンスキットのセットがAmazonのタイムセールで安くなっていたので購入。

ドライボックス 03 20170730 124710

見た目はただのプラスチックボックスですが、上蓋に乾燥剤を入れるケースが付いています。

ドライボックス 05 20170730 124710

ここに乾燥剤を入れて蓋をすればボックス内が除湿されてレンズ等のカビの発生を防げるっていう仕組みです。

ちなみに、この乾燥剤は新品の時はサラサラしていますが湿気を吸うと膨らんでサラサラ感は無くなります(パンパンになる)。そうなったら交換時期です。

さらに上蓋にはきちんと密封できるように、パッキンもついています。

ドライボックス 04 20170730 124709

今回購入したのは5.5Lという大きさのものですがα7Ⅱ本体とレンズ(SEL2470Z)1本だと余裕ありすぎなのでバッテリー充電器や予備バッテリーも入れています。これだともう1本くらいレンズが入りそうなくらいの余裕はあります。

さいごに

ドライボックス 01 20170321 211256

実はこのドライボックスは今回で2個目です。以前購入した方にはニコンのD90が入っています。流石に1個にカメラ2台とレンズの全ては入らなかったので、今回買い足しました。

上を見れば「防湿庫」という物もありますが、カメラ始めたばかりの初心者の方や私のように本体とレンズ1〜2本という方はドライボックスで十分だと思います。何より安い!

ということでカビが生えてしまってからでは遅いので、机やカバンの中にカメラを置いているような方は検討してみては如何でしょうか?

 - 写真

スポンサーリンク

  関連記事