Taka's Life

Mac、iPhoneを中心としたTAKAの雑記帳

今日の人気記事

3歳になる息子のトイレトレーニング。我が家では褒めながら楽しく!

   

トイレトレーニング 01 20150303 215246

TAKA(@TakasLife)です。

息子がこの春3歳になります。そう、そろそろオムツを卒業させてトイレでおしっこが出来るように教えなければなりません。

そこで今回は、我が家でのトイレトレーニング方法を少しご紹介します。

スポンサーリンク

一緒にトイレに入って、見せてあげる

いきなりトイレでおしっこしなさいと言っても、ずっとオムツで過ごしてきた子供には何のことだか分かりません。なので、先ずトイレでの用のたし方を見せてあげます。

私がトイレにいく時に息子も一緒に連れて行き、「こうやっておしっこ出るんだよ。ほら、パンツ濡れてないでしょー?」と見せてあげてました。

これを繰り返していると「僕もトイレ」と息子が言うようになりました。

決まった時間でトイレに座らせる

まず、今までオムツに漏らすのが当たり前だった子供に、トイレに「座る」という習慣を身に付けてもらうために決まった時間でトイレに座らせます。我が家では先ず朝起きてからと寝る前の2回実施しています。

これは、当然のように子供はオムツにお漏らししていますが、それでもおトイレに座らせてみましょう。そこで、おしっこが出たら「おぉ。できたねー」と褒めています。出なくても「おトイレにちゃんと座れたねー。カッコイイよー」と褒めています。

続けている内に、子供の方から「おトイレ」と言ってくるようになりました。

忙しくても、子供を優先

子供に「おトイレ」と言われた時に、色々作業をしていることも有りますね。そんな時でも、できるだけ手を止めて、子供の「トイレに行きたい」という信号を受け入れ実行してあげましょう。

最初は大変だと思います。特に朝とかは、自分自身も時間がないですからね。

でも、これを続けている内に子供が自分から「一人で出来るよ」といってオムツを脱いでオマルに自慢気に座り始めました。

怒らず見守る

これが一番大事だと思うのですが、既にオムツに漏らしていても、上手くおトイレが出来なくても、決して怒ってはいけません。子供は怒られている理由なんて理解できません。

それよりも怒られることで萎縮してしまいトイレトレーニングも上手く続かなくなります。実際私も、息子を怒ってしまってトイレに行くと言わなくなった時期がありました(反省)。

さいごに

まだ、息子もトイレトレーニング真っ最中です。おむつが外れるにはもう少し時間がかかりそう。でも最近は自分からおトイレでおしっこしたいと自分から言ってくる回数がどんどん増えてきました。我が家ではそんな感じで褒めながら楽しく、ゆる~くトレーニングしています。

 - 日常

スポンサーリンク

  関連記事