Taka's Life

Mac、iPhoneを中心としたTAKAの雑記帳

今日の人気記事

Yosemiteのクリーンインストール方法。年末なのでMacの中もスッキリさせて新年を迎えましょう。

      2015/02/15

Yosemite clean 22 20141223 212959

TAKA(@TakasLife)です。2014年も約一週間で終わっちゃいますね。新年を迎えるにあたって、大掃除をこれから予定していることだと思います。

実はMacも長年使い続けていると、色々な「ゴミ」ファイルが溜まってきます。それら削除しても問題ないようなファイルを綺麗さっぱり削除するためにはOSのクリーンインストールが一番手っ取り早い方法です。

と、いうことでMacの中も大掃除しちゃおうってことでYosemiteのクリーンインストール方法をおさらいしておきましょう。

スポンサーリンク

ストレージのフォーマット

先ずクリーンインストール前のストレージ状況はこんな感じです。

Yosemite clean 23 20141223 212959

259.48GBの空きです。これがどれくらい増えるか楽しみです。

先ずはとにかくバックアップ

クリーンインストールという事でストレージは一旦、フォーマットします。よってストレージ内のファイルは無くなってしまうので必ずバックアップを取りましょう。MacならばTimeMachineでのバックアップが便利です。

フォーマットします

Macの電源を一旦切ります。「⌘+R」を押しながら電源を入れましょう。

Yosemite clean 10 20141223 212959

「OS Xユーティリティ」が立ち上がりますので「ディスクユーティリティ」を選択します。

Yosemite clean 01 20141223 212959

フォーマットするストレージを選択し。「消去」タブを開きます。フォーマット形式は「Mac OS 拡張」を選びます。良ければ右下の消去をクリック。

Yosemite clean 18 20141223 212959

フォーマットが完了しました。「空き容量」が増えているので一応確認しておきましょう。

Yosemite clean 04 20141223 212959

ディスクユーティリティを終了します。

Yosemiteの再インストール

Yosemite clean 03 20141223 212959

「OS Xを再インストール」を選択します。

Yosemite clean 07 20141223 212959

「次へ」をクリック。

Yosemite clean 29 20141223 212959

「続ける」をクリック。

Yosemite clean 15 20141223 212959

使用許諾契約の内容を確認し「同意する」をクリック。

Yosemite clean 14 20141223 212959

インストール先のストレージを選択し「インストール」を選択。

Yosemite clean 06 20141223 212959

OSのダウンロードをしますので、AppleIDを入力します。入力したら「Sign In」をクリック。

Yosemite clean 17 20141223 212959

OSのダウンロードが始まります。ダウンロード終了後にMacが再起動します。そしてOSのインストールが始まります。

Yosemiteの初期設定

Yosemite clean 09 20141223 212959

インストールが終わったら初期設定です。まずは言語の設定。

Yosemite clean 27 20141223 212959

キーボード入力環境の設定。

Yosemite clean 08 20141223 212959

バックアップからの復元もできますが、後からでもできるので取りあえず「今は転送しない」を選択します。

Yosemite clean 02 20141223 212959

AppleIDを入力。

Yosemite clean 24 20141223 212959

「Macを探す」の設定をします。

Yosemite clean 26 20141223 212959

利用規約をよく読み、「同意する」をクリックします。

Yosemite clean 12 20141223 212959

コンピュータのアカウントを作成します。

Yosemite clean 16 20141223 212959

キーチェーンの設定をします。

Yosemite clean 28 20141223 212959

キーチェーンを承認する方法を選択します。私は「別のデバイスから承認」を選択しiPhoneから承認しました。

Yosemite clean 05 20141223 212959

ディスクの暗号化の設定をします。

Yosemite clean 19 20141223 212959

お好みでチェックを入れましょう。

Yosemite clean 25 20141223 212959

しばらく待ちましょう。

Yosemite clean 22 20141223 212959

はい、どん。Yosemiteの再インストールが終了しました。

TimeMachineから環境の復元

TimeMachineに取ったバックアップから、復元します。

参考:Macの環境復元は移行アシスタントを使ってTime Machineからの復旧がとっても簡単 | Taka’s Life

これで、クリーンインストール前と同じ状態まで復旧出来ました。

で、ストレージの容量は?

Yosemite clean 13 20141223 212959

クリーンインストール後のストレージ容量です。270.9GBの空きです、クリーンインストール前が259.48GBの空きだったので、約10GB の容量アップです。裏を返せば10GBのゴミファイルが溜まっていたということです。

まとめ

頻繁にやるのは、面倒な作業ですが一年に一度クリーンインストールしてみては如何でしょうか?ゴミファイルの削除の他にも、ちょっとした不具合とかも治るかもしれません。

なんかMac動きも、ちょっとサクサクになったような気がします(気のせい?)。

まあ、お時間がある方はやってみては如何でしょうか。

 - Mac ,

スポンサーリンク

  関連記事