Taka's Life

Mac、iPhoneを中心としたTAKAの雑記帳

今日の人気記事

「Duet Display」がリリース!iPhone/iPadを有線接続でMacのサブディスプレイ化

      2015/02/15

Duet Display 04 20141220 135922

今までもiPad等をMacのサブディスプレイ化出来るアプリはありましたが、Wi-Fiでの接続が主流で遅延等の問題がありました。

今回リリースされた「Duet Display」は元Appleのエンジニアが開発したアプリでLightningケーブルを使ってMacとiPad/iPhoneを有線接続することにより遅延がほぼ無いということで、早速購入してみました。

スポンサーリンク


「Duet Display」の設定

Mac側の準備

iPad指示通り、まずMacにもアプリをインストールします。Mac用のアプリは公式HPから無料でダウンロードできます。

Duet Display 01 20141220 140711

上の「Download Duet」をクリック。

Duet Display 06 20141220 135922

ダウンロードされたファイルを実行するとこのような画面になります。Duetを使うのに必要なグラフィックドライバーのインストールと再起動が必要です。「Install and Restart」をクリックしましょう。

ドライバーがインストールされ、Macが再起動されます。

Duet Display 05 20141220 135922

再起動後、メニューバーに見慣れないアイコンが登場。これでMac側でもDuet Displayの準備が整いました。

iPad側の準備

Duet Display App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,000

iPadにアプリをインストールしましょう。

iPadをサブディスプレイ化

Duet Display 07 20141220 135922

iPadの「Duet Display」アプリを起動した状態でLightningケーブルを繋ぐとこの様にサブディスプレイとして認識してくれました。

画質などの設定

Duet Display 03 20141220 135922

画質の設定はここからできます。Regularでもサブディスプレイとしては見れなくは無いというレベル。

Duet Display 02 20141220 135922

Frame Rateは60 FPSにするとMacのファンがガンガン回るので、30 FPSにしています。

で、結局どうなの?

Duet Display 01 20141220 143849

正直言うと、今後のアップデートに期待という感じ。遅延が無いかと言われれば「あります」。iPadとの接続もすんなり行かないこともあります。

ただ、ブログを書くときにMaresEditのプレビュー画面をiPad側に表示させて執筆など、あまり負荷がかからないような使い方であればストレス無く使えます。

リリース記念で1000円(通常価格は1500円になるそうです)ということで購入してみましたが、もう少し様子見でも良いかもしれません。

 - iPad ,

スポンサーリンク

  関連記事