Taka's Life

Mac、iPhoneを中心としたTAKAの雑記帳

今日の人気記事

CSS変更後ブラウザに反映されない時はキャッシュクリアーをしよう(Chrome編)

      2015/02/15

Large 536581799

photo credit: laRuth via photopin cc

ブログのテーマカスタマイズなどでCSSを修正した後、ブラウザで開いても修正したデザインが反映されてない時があります。

ブラウザのキャッシュが残っているためCSSの修正が反映されないという現象が起きます。

キャッシュとは、とっても簡単に言うと、Webの表示を早くするために1度見たページの内容を覚えておくという機能です。そのキャッシュが残っていることでCSSを修正しても、ブラウザが覚えているページ内容を優先して表示してしまうので修正が反映され無いということが起きます。

と、いうことでそのキャッシュクリアー(削除)の仕方です。

ちなみに、ブラウザはChromeでのご紹介です。

スポンサーリンク


Chromeでのキャッシュクリアーの方法

スクリーンショット 2014 06 09 22 31 03 1

Chromeの「環境設定」を開きます。その中の「閲覧履歴を消去」を選びましょう。

キャッシュクリアー 01 09062014 224314

そうすると、この様な表示になるので「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れて「閲覧履歴データーを消去する」をクリックします。これでキャッシュクリアーは完了です。

ちなみにショートカットキーもあるよ!

メニューバーから環境設定を選んで・・・・としても良いのですが、ショートカットキーもあるので覚えちゃいましょう。

⌘+⇧+⌫で先ほどと同じデーター消去のウインドウが開きます。

後は、Webページを⌘+RでリロードするとCSSが反映されますよ。

まとめ

CSS修正のたびに、キャッシュクリアーしないといけないのが、ちょっと私には面倒なのでなにか他に良い方法はないですかね・・・。

 - Webサービス , ,

スポンサーリンク

  関連記事