Taka's Life

Mac、iPhoneを中心としたTAKAの雑記帳

今日の人気記事

WordPressのデータベースをバックアップ!WP-DBManagerを導入してみた

      2015/02/15

DBManager 01 20131216 23 33 14
photo credit: Tekke via photopin cc

TAKA(@TakasLife)です。

今回はWordPressのデーターベースをバックアップしてくれるプラグイン WP-DBManagerの紹介です。

WP-DBManagerは設定次第で任意の期間で自動的にバックアップを取ってくれるWordPressのプアグインです。定期的にバックアップをとっておけば、万が一記事が消えてもバックアップデーターから復旧することができるので今回設定することにしました。

スポンサーリンク


プラグインのインストール

新規追加から「WP-DBManager」を検索し、インストールします。

DBmanager 07 20131215 23 51 8

有効にするとクリック。

DBmanager 03 20131215 23 51 33

これで終了。もうバックアップを取る準備は完了しました

バックアップ取ろう

DBmanager 05 20131216 22 30 40

▲ではさっそくデータベースのバックアップを取ってみましょう。WordPressの管理画面から「Datebase」>「Backup DB」を選択。開いた画面で特に何も変更せず下の「Backup」ボタンをクリック。はい!これでバックアップが取れました。これが手動バックアップです。

DBmanager 01 20131216 22 31 12

▲バックアップがきちんと取れたか確認する時は、「Manage Backup Database」でバックアップファイル名・バックアップ日時・サイズが確認できます。この画面から、バックアップファイルのダウンロードやリストア(復元)も可能です。

自動バックアップの設定

WP-DBManagerは1時間毎にとか毎日とか毎週とか任意の設定で自動でバックアップを取る機能はあります。その設定をしてみましょう。

DBmanager 04 20131216 22 31 45

「DB Option」を開きます。下の方へ行くと「Automatic Backing Up Of DB:」と言う項目があります。ここで毎週とか毎日とか設定します。毎日バックアップを撮りたいのであれば
Everyを1にしてDay(s)を選択します。GzipはそのままでOKです。

設定が良ければ下の「Save Changes」のボタンをクリック。これで設定終了です。

警告表示を消そう

このプラグインを導入するとこの様な警告表示が出ると重います。

DBmanager 02 20131215 23 52 3

この表示を消すためにはFTPソフトなどで下記作業が必要です。

  1. 「wp-content/plugins/wp-dbmanager」を開きます。
  2. 「htaccess.txt」ファイルをコピーします
  3. 「wp-content/backup-db」にファイルをペースト
  4. ファイル名を「.htaccess」に変更

これで警告は消えます。

まとめ

トラブルが起こってしまってからでは遅いのです。今回ご紹介したWP-DBManagerは特に難しい設定もありませんので、バックアップ設定をされていない方は導入してみては如何でしょうか?

 - プラグイン

スポンサーリンク

  関連記事