Taka's Life

Mac、iPhoneを中心としたTAKAの雑記帳

今日の人気記事

WordPressのデーターベースをバックアップ!不測の事態に備えよう。

      2015/02/15

backup201305222248.png

photo credit: brianjmatis via photopin cc

Taka(@TakasLife)です。
レンタルサーバーでWordPressを使いブログを書いています。レンタルサーバーも絶対データーが消えないということは無いと思います。思わぬ事故などでデーター消失になる可能性は十分あると考えています。

ですので、ブログデーターのバックアップを取っておきたいと思います。

ちなみに、私はロリポップで契約していますので、ロリポップでの場合で説明します。

スポンサーリンク

バックアップ方法

参考にさせていただいた記事はこちら。
WordPressのバックアップ方法を解説 | Oxy notes

ロリポップにログインし「WEBツール」を選択します。

ロリポップ201305222216.png

「データーベース」を選択します。
ロリポップ201305222218.png

「phpMyAdminを開く」を選択します。
ロリポップ201305222221.png

「phpMyAdmin」にログインします。
ロリポップ201305222223.png

隠していますが、phpMyAdminにログインするときのユーザー名を選択し、その後に「エクスポート」を選択します。
ロリポップ201305222225.png

下記の通り選択していきます。

  • 「詳細-可能なオプションを全て」を選択
  • テーブル>全選択をクリック
  • ファイルの文字セット>utf-8
  • 圧縮>なし
  • フォーマット>SQL

ロリポップ201305222234.png

「追加コマンド」の一番上の部分のチェックが初期状態では外れてるので、忘れずにチェックします。
ロリポップ201305222236.png

実行すれば、「〜.sql」というファイルが出力されます。このファイルがバックアップファイルになります。

まとめ

これでデーターベース(記事)のバックアップは取れます。サーバーにアップロードした画像・写真はサーバー上のフォルダに保存されていますので、そのフォルダーをダウンロードするだけでバックアップになります。

何が起こるか分からないので、定期的にバックアップは取りましょう!

 - WordPress

スポンサーリンク

  関連記事